敏感肌は、油を変えるだけでも大きな変化がみられることも

どうもジャンクな食べ物を食べると、肌が荒れやすい気がする…。
うちのむすめが赤ちゃんだった頃、母乳をしながらなんとなーく思いまして。

それからいろいろ勉強しているうちに、肌の荒れやすさにも、食べ物は関係しているらしいということがわかってきました。
その中でも、かなり大きな影響があるなーと思っているのが、油です。

油にもいろいろ種類があって、それぞれ微妙に違う性質のものがあるそうです。
うちではとりあえず、肌を荒らしにくい油だけを使うようにしたのも、敏感肌を元気にしていくのに役立っているような気がしています。

スポンサーサイト

油の中にも、肌荒れしやすい油と肌を元気に保つ油がある。

油には種類があって、主にこんな分類がされます。

  • オメガ3系:しそ油、エゴマ油、亜麻仁油、さば、あじ、カツオ、マグロなどの魚
  • オメガ6系:ごま油、コーン油、ひまわり油などの植物油、牛、豚、鳥などの肉類
  • オメガ9系:オリーブ油、キャノーラ油など

※これは、わたしが運営しているサイトからの引用です。
引用ページ:花粉症にはオリーブオイル!?役立つ油の選び方 - 子どもの花粉症対策がよくわかるサイト

その中で、消化に負担がかかったり、アレルギー症状に影響を及ぼすと言われているのが、けっこう身近なオメガ6系。
ごま油やコーン油などの植物油や肉類です。

体がまだ慣れていない成分なので、どうしても消化に時間と負担がかかりやすいものなのだそうで、消化すること自体に体が疲れてしまって、他の刺激に対するバリア機能が低下するようだと言われています。

なので、肌荒れや肌の弱さが気になっている方、アレルギー症状に悩まされている方は、そういう油を摂ること自体を調節してみると、症状がマシになったりすることもあるんだとか。
(ちなみに、オメガ3系が肌の元気を保ってくれると言われる油、オメガ9系は良くも悪くもなく負担にならない油だそう)

あまり難しいことを考えず、うちは油を全部オリーブオイルにしてみています。

そういうものがあるんだと知って以降、うちではとりあえず、普段使う油をオリーブオイルにしてみています。

とりあえず、油を使うときはオリーブオイル。

普通のサラダ油とかをオリーブオイルにするだけなので、特に困ったこともなく。
オリーブオイルってこの頃けっこうお安いものも多くて、最近はサラダ油も少々お高くなってきているのでそんなに経済的な負担もなく。
けっこう良いのではないかなー?と思っています。
(オメガ3系の油もたまに使いますが、熱に弱かったりして使い方が難しいので滅多に使えない…)

油ってちゃんと摂っていないと肌が乾燥しやすくなったり髪がパサパサしやすくなったり見た目的にも良いことはあまりありません
でも、何も考えずに摂りすぎてもまた、良くないことが多い面もあると思うので…。

手軽に適度に油を摂ろうと思うと、この方法はなかなか良いんじゃないかと思っています。
(特に子どもの肌に対しては、とても良い感じの対策になっている気がします)

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事