化粧水の重ねづけは、結果的に肌の水分を蒸発させてしまいますよ!

長らくオールインワンゲルを使っているので、そこまで考えたことはなかったのですが…。
昔からよく言う「乾燥対策に化粧水を重ねづけ!」というのは実は逆に肌に良くないことなのだそうです。

保湿は「水分を補給すれば良い」ではなく、「水分を保つ能力を補強する」のが大切
水分を重ねてつけるというスキンケアは、どちらかというともう既に古い考え方のスキンケアになっているものです。

化粧水でしっかり保湿しなくては!というスキンケアをしているのなら、すぐにでもやめた方が良いそうですよ。

スポンサーサイト

皮膚に水をつけるのは、皮膚から水分を蒸発させていってしまうこと

そもそも、水は肌に触れるとなぜか、皮膚に保存されている水分を一緒につれて蒸発していく性質があります。

水の中にいるうちは、肌もとても良い状態だけど…

お風呂に入っている時の肌はしっとりしているのに、お風呂から出た瞬間から何か乾いてしまうような感覚がまさにそれです。
皮膚に水が触れると水が奪われることになってしまうので、一刻も早く拭き取ってしまうことが大切になります。

もちろん、化粧水をつけた時も同じ現象は起こるので、昔ながらのスキンケアは
化粧水で水分補給→乳液やクリームでフタをするという流れが定番になっていました。

肌が敏感だと肌の状態によっては化粧水だけとりあえず…、という時もあるかもしれませんが、それは何もしないよりも悪い結果になってしまうこともあるとのこと。
ましてや重ねづけをするというのは、さらに肌の水分を奪うことに繋がってしまうので、何も良いことはありません。

化粧水でできることは、水に溶けやすい成分を肌に届けること

でも、化粧水というのは別に不要なスキンケアだというわけではありません。
水に溶かした方が効率が良い成分を肌(角質層)に届けるのが1番の役割です。

ちなみに、水に溶かして届けた方が良い成分とはこんなものです。

  • ビタミンC誘導体
  • 水溶性コラーゲン
  • ヒアルロン酸

特に、肌の代謝を促すと言われているビタミンC誘導体、肌にプルッとした潤いを補給できるヒアルロン酸は化粧水で補給するのがとても効率が良いものです。

本当に正しい化粧水の使い方

もし化粧水を使うのなら、

  • 化粧水で補給するのが効率の良い成分が含まれているものを選んで
  • 欲張らずに適量を手に取って
  • グーッと手で押し込むように優しくつける
  • その後、美容液やクリームなどできちんと仕上げをしておく

という使い方をするのがベストだと思います。

化粧水は保湿目的で使えるものではありません
(保湿するならきっちり保湿成分が含まれた美容液やクリームを使う)
それをしっかり理解した上で、美容成分を補給するつもりで適度に使っていくのが良いのだと思います。

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事