敏感肌だからと、アルコールフリーである必要はない

この頃、「アルコール不使用」とか、「鉱物油・アルコール無添加」などなどと言われる基礎化粧品が増えたなー!と感じています。
なんかよくわかんないけど「無添加」な基礎化粧品も多くなってきましたね。
ついつい、敏感肌だから無添加の基礎化粧品を使わなくちゃ!と思ってしまいがちかと思うのですが…。

実際、そんなことはないと思います。
アルコールでも低刺激なものはありますし、化粧品の「品質や鮮度」を守るために、無理して省く必要のないものなのです。

スポンサーサイト

そもそも、アルコールはなんのために化粧品に入ってる?

化粧品に入っているアルコールというのは、

  • そのままでは混ざり合うことがない水と油を上手になじませるため
  • 水のままではすぐに腐ってしまうので、より鮮度を保って保存できるように
  • スーッとさっぱりした使用感にするため

などの目的があって、入っていることが多いです。
特に、鮮度を保つ目的はとても大きいです。

どんな化粧品にも必ず、防腐剤・保存材というものは含まれているものです。
アルコールはそんな防腐剤の中でもかなり一般的で、種類も様々。
ものによっては、かなり低刺激なものもあるようです。
(わたし自身、アルコールは苦手な方ですが、つけても大丈夫なアルコールもあります)

アルコールを選ぶか、それ以外を選ぶか?

そして、アルコール無添加ということは、また違う種類の防腐剤が含まれているということ。
基礎化粧品の種類によっては、アルコールよりも刺激が強いとされている防腐剤が含まれていることもあるそうです。

なので、アルコールは必要最低限の機能をちゃんと果たすために化粧品に入っているのであって、手抜きやコストカットのために使われているものではないと思います。

実際、敏感肌の人はアルコールを避けるべきなの?

そして、わたしは防腐機能をしっかり保ってくれている化粧品の方が安全だと思うので、アルコールは避けなくても良い成分だと思います。
(アルコールが肌に触れると反応してしまう、という場合は別)

  • 水や保湿成分だけで構成された基礎化粧品は、あっという間に劣化していってしまう
  • より刺激の強い防腐成分が含まれているより、まだ安心感がある
  • アルコールが入っていないからといって、肌に優しいとは限らない

やっぱり、こういう風に思うのです。

※より強い防腐成分と言っても、そこまで過敏に反応する必要はないと思います。ちゃんと基準が定められているものなので、「とても危険」だということは、滅多にないと思うからです。
ただ、肌がごわついたりピリピリしたりを感じやすいのも事実なので、無理に取り除こうとしすぎるのではなく、自分にちょうど合う配合量などを探した方が良さそうだと思います。

アルコールが入っていても低刺激な基礎化粧品を選ぶ方法

それでも心配…、と思われる場合は、化粧品の成分表を見てみると良いと思います。

  • より刺激を感じにくい「フェノキシエタノール」が入っているものを選ぶ
  • 配合量が少なそうなものを選ぶ
    (成分表の最後の方に書かれている場合ほど、配合量が少ない)

特に「成分表の最後に書かれているかどうかを確認する」のは、とても参考になります。
アルコールだけでなく、パラペンが含まれていたとしても、この成分表の最後の最後に少し書かれている程度であれば、わたしはそこまで困るほど肌が反応することはありません。
逆にフェノキシエタノールでも、成分表の最初の方にあるとピリピリ感が多かったりします(個人差はあるものですが…)。

よくわからないなりに、成分表を見て選ぶクセをつけたら、化粧品を選ぶ時に失敗することが減るのではないかと思います。

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事