アベンヌから出たオールインワン(ミルキージェル)を使ってみた!でも敏感肌にはちょっと微妙だった

2016年の5月に発売されたという、アベンヌのオールインワンゲル、ミルキージェルを使ってみました。

アベンヌのミルキージェル、使ってみました。

公式サイト:アベンヌ ミルキージェル | フェイシャルケア | 製品情報 | Avene

  • もちろん、アベンヌの温泉水を使用している
  • 加えて、植物由来成分で肌にやさしく保湿するゲル
  • 植物成分を発酵ヒアルロン酸とアベンヌ温泉水で包み込んでいるらしい
  • 日本の女性に向けて開発されたゲルらしい

という特徴があるものなのだそうです。

肌にやさしいイメージがとてもあるアベンヌだし。
パッケージもかわいらしいし、「敏感肌用」とされているし。
きっと敏感肌でも使いやすいものなんだろうなあと思っていたのですが。

使ってみると悪くないけれどちょっと心配なところもある、いまいち使いこなしきれないゲルでした。

アベンヌといえば、肌にやさしいイメージがありますが…

そもそも、アベンヌといえばとても肌にやさしいイメージがあります。

アベンヌ ウオーターがとても有名で、敏感肌でもこれなら肌がどんなに荒れている時でも使える!これがあれば安心!と言われているところからきているのかなあ、と思います。

アベンヌの何が良いのかというと、

  • 使っている水が「肌に良い水」と呼ばれる温泉水だということ
  • きちんと皮膚科学を研究してスキンケア商品を開発していること
  • 皮膚専門のケア施設で培った実績をもとに作られていること

この3つがポイントなのだそうです。
そんなわけで、特徴はやっぱり使われている水なのかなあ、と思います。
あとは、海外コスメっぽい香りの良さやハンドクリームもけっこうよかった気がするなあ、というイメージがありました。

スポンサーサイト

使い心地は気持ち良ーい、けれど、調子が悪いとピリピリくる

そんなこんなでワクワク期待しながら使ってみたミルキージェル。
実際に使ってみたところ、ちょっとアレ?となりました。

アベンヌのミルキージェル、実は敏感肌にやさしくない…?

というのも、使ってみたらどうも肌にピリピリくるのです。

肌にのせた印象ではこってりしたクリームで。
使っていると、フローラルな香りがけっこう印象に残ります。
(その香りはしばらくしたら消えるけれど、けっこうキツめの香り)
のばしてみると意外とスーッとなじんで、あまりべとつきません。

でも、肌の調子が良くても「これは油断したらピリピリしそう…」と感じてしまうのです。
悪くないゲルだと思うのですが、肌へのやさしさはそこそこかなあ、という印象でした。

あと、適度な保湿力だと思いますが、真冬の乾燥肌にはちょっと辛いかも。
使ったあとにファンデーションをぬると、ちょっとヨレたりモロモロが出たりしました。

全成分を見てみたら、あんまり肌にやさしくない気が…

残念だなあ、なんでだろう…?と全成分をチェックしてみたところ。
事前にチェックしていなかったのですが、使用感を優先させる成分がけっこうたくさん入っているようでした。

アベンヌのオールインワンの全成分。要注意成分が多い

水、BG、トリエチルヘキサノイン、プロパンジオール、スクワラン、グリセリン、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、温泉水、ベタイン、ペポカボチャ種子油、レシチン、ギンバイカ葉エキス、アボカド油、コンドロイチン硫酸Na、ヒアルロン酸Na、トコフェリルグルコシド、トコフェロール、パルミチン酸セチル、ジメチコン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ベヘニルアルコール、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、カルボマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、水添ココグリセリル、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、ポロキサマー188、水酸化K、PG、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアリン酸ソルビタン、香料

参照元:アベンヌ ミルキージェル | フェイシャルケア | 製品情報 | Avene

ちなみに、この中で要注意の成分はこんなところです。

合成界面活性剤

ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸グリセリル(SE)、水添ココグリセリル、ポロキサマー188、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアリン酸ソルビタン

シリコンの一種

ジメチコン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

その他の要注意成分

カルボマー(合成ポリマー)、ペンチレングリコール(殺菌・溶剤)

美容成分の方が配合量も多いし独自の成分も使われているなど、刺激を減らすための工夫は確かにされていると思います。
でも、使い心地をよくするための成分もけっこう多いので、これは確かに何か刺激になってもおかしくないか…、という構成だったようです。

基礎化粧品に入っている界面活性剤は悪者じゃない!と言われますが、それでもちょっと入りすぎのような気が…。 うーん、もったいない。

結局わたしは、ボディクリームに使うようになりました

シリコンも入っているし、あまり肌に負担をかけるのも嫌。
でも、使わないでいるのももったいないし…。
わたしは結局、このクリームはボディクリームとして使っています。

体に使う分には今のところ刺激や肌荒れが起きたりはしていません。
背中のニキビや腰回りの乾燥を適度に防いでくれて、この用途なら悪くない印象です。
(それでもちょっとドキドキしますが)

この構成が化粧品や日焼け止めとかなら良かったと思いますが。
基本的に使い続ける基礎化粧品としては、ちょっと不安になってしまうなあ、というのが正直な感想でした。

Avene アベンヌ ミルキージェル 保湿ジェルクリーム(敏感肌用)50g

Avene アベンヌ ミルキージェル 保湿ジェルクリーム(敏感肌用)50g
(株)ピェールファーブルジャポン

Amazonで見る  楽天で探す

※ ちなみに…。
個人的には、オールインワンなら

だと思っています。

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

アベンヌについての記事

まだ記事はありません

似ている?記事