体を手で洗うようになって、体の乾燥が気にならなくなってきました

前にどこかで「自分の体を洗う時もタオルを使わず、手で洗っても十分」という話をどこかで聞いて以来、体の洗い方も考えてみた方が良いのかもしれないなー、と思っていました。

そんな中で、たまたま無印良品に行った時に泡立てボール(大)を発見。
これはそろそろ、体の手洗いをはじめてみるべきなのかも…!と、全身を手で洗うのを実際にはじめてみることにしました。

それからそろそろ3ヶ月が経ちます。
一応なんとなくわかってきたことも増えてきたので、はじめてみるまで「えー?」と疑問に思っていたこと、実際にやってみてわかったことをまとめてみたいと思います。

スポンサーサイト

汚れはちゃんと落ちている様子。最初は違和感もあったけれど…

わたしが実際に手洗いしている方法はこうです。

このボールがないと、体の手洗いは難しいかも…

  • 泡立てボールにボディーソープを出して、めちゃくちゃ泡立てる
  • 泡立てた泡を手に取って、腕から順番に全身を洗っていく(頭と顔以外)
  • 泡立てボールで随時泡立てながら、泡を足しつつ背中まで…

背中とかは、かなり無理がありますが、ストレッチのつもりでなんとかやっています。
正直、タオルでゴシゴシ洗うよりも時間も手間もかかるので、挫折しそうになることも多いですが、

  • 部分的なザラつきなど触ってはじめて発見したり(背中や腕の裏側など)
  • 普段意識しなかったところも細かく洗うようになったり(足の指の間とか)
  • ストレッチやマッサージを兼ねることができるようになったり
  • お風呂後の肌触りが、徐々に変わってきたり!(もっちり感が出てきた)
  • 細かくできることがあった体のニキビの量が減ってきた気がしていたり

良いところもかなり多いと感じているので、なんとかコツコツ続いています。
(挫折しないために、それまで使っていた体を洗うためのタオルも処分してしまいました)

実際、体の手洗いをやってみてわかったこと、気づいたこと。

体を手で洗うって、本当にきれいになってる?

たぶんなっています。最初は足の角質のあたりに少々違和感がありましたが(できたらもうちょっと取りたい感じ?)、そのうち取れたり馴染んだりしたのか、まったく気にならないようになりました

全身にちゃんと手は届く?

背中の端っこあたりが怪しいです。
でも、ストレッチのつもりで毎日挑戦しているうちに、だんだん届かせ方がわかってきた気がします。
多少、体も届くようになってくるような…。

デリケートゾーンはどうしてる?

かるーく洗っています(あまりべたべた触るよりそっちの方が良いと聞いたので…)。
現在は、かぶれ対策に専用の石けんを使っているので、体を洗う時とはちょっと別で洗っています。

泡はどれくらいで流す?

全身を洗い終えたらすぐ流します。
泡が逆にピリピリとした刺激になることもあるので、あんまりつけっぱなしにはしないでおきたいです。

ボディーソープを使う量が増えない?

泡立てボールでものすごい量を泡立てるので、使う量自体は変わりませんでした。たぶん、泡立てボールがないとできない気がします。
(試しに泡立てネットでやってみたけど、手間がかかりすぎたので、嫌になりました…)

体臭とか脂っぽさとか出てこない?

それが不思議なくらいまったく出てきません。
体を洗うことによって、そういう体臭などを防ぐ菌まで落としてしまいがちらしく、手洗いにしてからはむしろ、臭いなどはちょっとマシになったくらいかも…?と感じます。

タオルで洗うのと最大の違いは何?

洗い上がり、お風呂上がりの肌の感触が違います。
肌がサバッとしてすぐにでも保湿したくなっていたものが、適度に保護されるようになったからか、もっちりした感触に変わってきました。
冬の乾燥にも負けなさそう。嬉しいです。

体のタオル洗いは逆に肌を傷めていたのかもしれない・・・

実際にやってみてから思ったのは、本当にタオルでゴシゴシ洗うのは、思ったよりも肌にダメージを与えているかもしれないということ。

肌に出てきた「余分な」角質やホコリ、アカを落とすため、が体を洗う目的です。
この「余分な」の部分を「全部取らなくちゃ!」と思ってしまうのが間違いで、肌の表面をちゃんと保護するには、ある程度のこしておかないといけないのだそうです。
(菌や角質もある程度残しておくことで、肌を健康に保つ働きをしてくれるんだとか)

そういう意味で、これまでのタオルでゴシゴシの洗い方は、逆に肌に良くないことをしていたのかもしれないな、と感じました。
実際のところは、自分の目で見たわけではないのでわかりませんが…。

でも、手洗いでも十分、肌が健やかに保てていることは間違いないので、これからもまだまだ、続けていきたいと思います。

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事