実は肌のピリピリやかゆみの原因は「セラミド」不足かも?

肌のバリア機能強化にはセラミドが便利

いつもよりなんだか肌がピリピリする…、肌がなんだかかゆい!妙に敏感…。
そんな経験、誰にでもありますよね?
それが頻繁になってくることで「敏感肌」だと自分で思うようになってきたりするのですが…。

実はこういう症状には、「セラミド」が深く関係していることがあるそうですよ。

スポンサーサイト

肌が弱ってくると、「肌を守る機能」も弱ってきます

肌にはもともと、「肌を外部の刺激から守る機能」が備わっています。
でも、それが人によってはもともと弱かったり、疲れやストレスで弱まってしまったりして、
肌が荒れたりちょっと擦れただけで肌がピリピリしてしまうのです。

もちろん、その元々備わっている「肌のバリア機能」を回復させてあげることがまず第一。
でも、その肌の体力を回復している間に肌のバリアのかわりをしてくれるのが、セラミドです。

潤うだけじゃない。セラミドが肌のかわりに肌を守ります!

肌の体力を回復するには、やっぱり

  • 敏感肌用のやさしいスキンケアアイテムでセラミドを補給する
  • 肌の内部に影響を及ぼさず、肌の表面の汚れだけを落としてくれる洗顔で顔をキレイに
  • セラミドでバリアを作りつつ、肌を元気にできる栄養を補給する

この3つが鉄則です。

セラミドはつい「潤いを与えてくれる成分」だと思われがちですが、
肌の表面にとどまって、肌を外部の刺激から守ってくれる働きもしてくれます。

肌が敏感になるとどうしても「肌に優しく!自然に!ナチュラルで!」と思ってしまいがち。
でも、セラミドなどの医療用成分みたいなものだからこそできることも確かにあります。

肌が荒れてどうしようもない…!という時は、ぜひ「セラミド」を思い出してあげてください。
きっと肌を守って大活躍してくれるはずですよ。

参考:ちょうど良いかもしれないレビュー▼
妊娠中の肌トラブルがこれで解決!無添加で安心の保湿ゲル

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事