パウダーvsリキッド。敏感肌ならファンデーションは絶対パウダー!

乾燥肌や敏感肌の場合、ファンデーションもついついリキッドを選びがちかもしれません。
でも、実は乾燥や肌の弱さに悩んでいる人ほどパウダーファンデーションを選んだ方が良いんだそうです。

その理由は、「水は腐るものだから」。

水が含まれていればいるほど質を保つための防腐剤や、水と油を混ぜ合わせるための乳化剤などが含まれていて、それがどうしても刺激になりやすくなってしまうのです。
美容液がわりになると言われているBBクリームもまた、同じことが多いです。

もし優しさを重視して選ぶなら、リキッドよりパウダーのもの。
BBクリームよりミネラルファンデです。

化粧の前までにしっかり対策を取れば、パウダーでもしっかり馴染ませられます。

スポンサーサイト

リキッドファンデーションの最大のデメリットは界面活性剤

リキッドファンデーションでも、最近は保湿成分が入っていたりゲル状だったりなど、いろいろ特徴のあるものも出てくるようになりました。
中には、防腐剤無添加、というものもあるようですが…。

リキッドファンデーションというのはそもそも、乳液に肌色をつけたものがベースになっていて、必ず水が含まれています
食べ物と同じく、水が多く含まれているものは、どうしても日が経つにつれて傷んできます。
だから、リキッドファンデーションに防腐剤は欠かせません。
それに、肌にちゃんとフィットしてキープするためには乳化剤も必要になってきます。

なので、どんなに保湿成分が含まれていても同時に防腐剤、乳化剤となる界面活性剤が含まれるものだという認識が必要です。

リキッドファンデーションが必ず刺激になる!わけではありません。
それに、防腐剤に直接アレルギーがある以外は、もれなく負担になる成分ではありません。
なので、そこまで神経質にならなくても良いという考え方もあるようですが…。

リキッドファンデーションはちょっとだけリスクがある。

水に溶ける成分を補給した方が良いスキンケアと違って、ファンデーションはしっかり肌をカバーできればそれで良いもの。
目的がそれだけなのに、わざわざ肌に刺激を与えるかもしれない界面活性剤を重ねて塗るのは避けた方が良いのでは…、というのがこの頃主流になりつつある考え方のようです。

一方で、パウダーファンデーションであれば、ほとんどの場合、色がついた粉とフィット感を高めてキープ力を高めるために油が含まれているだけです。
リキッドのように刺激になりやすい成分をそこまでしっかり入れる必要がないので、意外と肌への負担も少ないのです。
(最近増えているミネラルファンデーションはただの粉であることも多く、油すら含まれてないことも多い)

なので、肌への刺激が気になる人、ひどい乾燥に悩まれている人ほど、できるだけパウダー状のファンデーションを使った方が良いと思います。

パウダーファンデーションは粉っぽい、馴染まない…。そんな時は

でも、乾燥肌や肌が敏感で荒れやすいと、パウダーファンデはどうも馴染みにくい…。
そんな風に考えられている方も多いようです。

そんな時は、スキンケアを見直すと良いです。

  • いつものスキンケアに、保湿(保湿成分を補給する)ケアをプラスする
  • クリームをやめてみる。かわりに、乳液や美容液(保湿重視)をしっかり馴染ませる
  • 肌に馴染ませる時に、しっかりハンドプレスする(こするのは厳禁)
  • スキンケアをして少し時間を置いてから、ファンデーションをのせる

リキッドファンデーションに比べると水分がない分、確かにパウダーファンデーションはどうしても最初、粉っぽくなりがちです。
でも、しっかり保湿をしていれば自分の皮脂がちゃんと出てきて、徐々に馴染んでいくようになるでしょう。

もしそれでもまだどうしても馴染まない。粉っぽいという場合。
逆にミネラルファンデーションや粉おしろいなど完全にパウダー状になっているものをを使ってみる方が良いかもしれません。
きっちり顔にくっつかない分、馴染みやすく、仕上がりはこっちの方がむしろきれい、ということもよくあるそうです。

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事