鉱物油や界面活性剤じゃなくて、汚れを溶かすほどの強さが問題

界面活性剤はダメ!刺激が強すぎる!とはちょっと調べるとたくさん出てくるものです。

赤ちゃんには避けた方が良い、なんていうのもありますよね。

こういうのって、どういうことなのかなー?と少し疑問だったのですが…。

界面活性剤が悪い!というわけではなくて。
界面活性剤のような油を溶かすほどのものが肌に触れたらやっぱり多少は刺激になるよ!
ということなのかな?と思うようになってきました。

スポンサーサイト

界面活性剤自体は便利なもの。なくなるデメリットの方が大きい

界面活性剤はもともと、

  • 本来混ざり合うはずのない水と油を混ぜ合わせてくれたり
  • 油や汚れを溶かしてくれたり
  • 泡を立てることができるようになったり
  • 水に馴染みにくいものでも馴染みやすく(染み込みやすく)してくれたり

という働きを持つものです。

原料は石油、というイメージではありますが、そんなことはありません。

植物性の界面活性剤というものも存在していますし、いわゆる天然素材にも界面活性剤のような働きをするものはあります。

そもそも、石鹸に入っている成分の半分くらいは、界面活性剤なのだそうです。

それから女性に身近なところでは、乳液は基本的に界面活性剤が使われているようです。

もちろん、その全てが毒だ!というわけではありません。
むしろ、界面活性剤がなかったら、ものを清潔に保ちにくくなったり、細かいものに手間が増えてしまったり、デメリットの方が多いものだと思います。

たとえば、スキンケアで界面活性剤を除くと…

化粧水を塗った後にオイルを塗ることになり、単純にステップが増えます。

方法によっては、保湿の効率も悪くなる場合もあります。

とは言え、刺激になりやすいことはなりやすい面もある

界面活性剤には、油を溶かす力があるので、それがネックになるのは確かです。

使っているうちに体や顔の表面を覆う皮脂まで流れ落ちてしまって、カサカサになってしまうことも確かにあるからです。

わたしも、肌の調子が悪い時だと、石鹸を使うだけで手がカサカサになったりします。

あと、石油由来の界面活性剤の場合、もともとが肌にあまり馴染みのない素材でもあります。

そのため、どうしても肌がびっくりしてしまう可能性は高いでしょう。
なので、確かに肌に刺激になりやすいという面はあるものだとは思います。

避けて通れないので、自分できちんと程度を見極めるのが大切

でも、石鹸なしで生活するのは難しいですし、化粧品を一切使わないのも難しいです。

なのでわたしは、むやみに避けるばかりなのではなく、程度を見極めて、自分で選んでいくのが大切なのかな、と思っています。

たとえば、こんな風にです。

  • 洗濯は汚れが落ちない方が大変なので、石油由来の界面活性剤でも気にしない
  • 洗い物は手荒れがひどくなるので、できるだけ植物性の界面活性剤使用の洗剤を選ぶ
  • お風呂ではガサガサにならないように石鹸を中心に使っていく
  • 掃除は洗剤ばかりに頼らないで済むように普段の対策などでカバーする

油を溶かす、というと実はお湯にも同じような働きがあります。

なので、洗い物やお風呂が1番、肌に刺激を与えやすい場面が多いものだと思います。

なので、こういう時に使うものはできるだけ肌に優しいものを選ぶ。

逆に洗濯などは、自分への影響が少ない上、汚れが落ちきらない方が肌を荒らすことに繋がるので、しっかり落とすことを優先する、みたいに考えています。

悪い!わけでなく、むしろ使い続けるものなので、無理しない方が…

なので、我が家の洗濯洗剤はアリエール。

悪い、と言ってしまえばそれまでですが…。

避けはじめるといろいろ不便や不自然なことが生じてくるのが界面活性剤だと思います。

肌に優しいと言われる洗剤でも、普通の洗剤よりもずっと高いものが多いです。

優しい分、洗浄力が低いものも多いので、逆に不潔になってしまうこともあると思います。

赤ちゃんがいるなら、赤ちゃんが触れるものは基本的に優しさ重視の石鹸を使う。

掃除などはアルカリ電解水などを併用しつつ、洗剤の使う量自体を減らしていくようにする。

などでカバーしていくようにするとか…。

むやみに避けようとするのではなく、自分の無理のない範囲で選ぶことが大切だと思います。

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事