ヘアオイルに椿油をやめました。この頃はひまわりオイルを使っています。

ヘアオイルの定番といえば椿油。髪のボリュームを抑えるなら椿オイル。
わたしもけっこう長く使っていました。

でも、どうも使い心地が軽い気もしていて…。
これはヘアオイルとして本当に合っているのか、もう少し自分に合うものがあるのかも?と他のものもいろいろ試してみることにしたのです。

いろいろ試してみた結果、パックスのひまわりオイルに落ち着くことになりそうです。

椿油がヘアオイルとして微妙かも…?と思ったのは軽さがきっかけ

髪はできるだけ広がりを抑えて、ツヤっとまとめていたいなあと思っています。
ワックスやクリームではそういう仕上げ方が難しいことが多いので、基本的にヘアオイルを使うようにしています。

その中でも長年使ってきたのが、椿油です。
大島椿 OST 60mL

髪にハリやツヤを与えてくれると言われ、髪のためにはこれが1番!という印象もあります。

でも、長く使ってきた中でなんとなく、疑問に思うこともありました。

  • 徐々に値上げされてきて、コストパフォーマンスが悪くなってきた?
  • どんな使い方をしても一定の仕上がりで、満足できる使い方が見つからない?
  • オイル自体がサラサラっとしていて、あまり潤いが感じられない…?
  • もっとしっとりツヤっと仕上げたかったらどうしたら良い?
  • 頭皮には良いようだけど、髪自体には本当に良いものなのかな…?

確かに椿油は悪くないものだと思うのですが、でも「これが1番なのか?」というと疑問。

もしかしたら他にももっと使いやすいものもあるのかも?と考えるようになったのです。

スポンサーサイト

椿油の代わりに使ってみたヘアオイルいろいろ

そこで実際に使ってみたオイルはこんなものがありました

AROMAKIFI(アロマキフィ) ノンシリコン トリートメントオイル

シャンプーがこの頃じわじわ人気を集めているアロマキフィのヘアオイルです。
オイルはあんず油やシアバター、ツバキ油などのブレンドで、アロマの香りがふわーっと香るのが特長です。
使い心地はサラッサラ。使った印象もサラサラに仕上がるという印象でした。
髪のまとまり方は無難なのですが、もう少ししっかりボリュームを抑えてしっとり使いたいので「これは違うか…」という印象になりました。

ソンバーユ(馬油)

髪だけでなく顔や体などいろいろなところにスッとなじんで使いやすい馬油。
これも髪に使ってみましたが、確かになじみは良いもののしっとり感は残念ながらいまいち。
香りがないのはある意味メリットでしたが、仕上がりもそこまで良い方向になる印象ではなかったので、これも違うなあ…となりました。

モルトベーネ ロレッタ ベースケアオイル

この頃美容院でも採用されることが増えてきたのロレッタシリーズのベースケアオイルです。
ローズの香りがふんわり香って適度に重みもあるオイルなので、使い心地は良かったです。
ですが、ただのヘアオイルなのではなく、成分的にはシリコンも含まれるオイルトリートメントのようなもので。サラサラに仕上がることは仕上がるのですが、成分的にどうしても納得ができなかったので、断念しました。

ケラスターゼ NU ソワン オレオ リラックス

すでに定番と言っても過言ではないオイルトリートメントです。
香りもかなり独特で高級感もあり、髪もしっとりまとまるしサラサラにもなるし、使っていてとても気分が良かったです。
でも、これもしっかりシリコン使用でしかもお高いので続けるのはやっぱり難しいなあ…となりました。
ネットで購入するには品質に不安もあり、継続する難易度が高いのもネックだと思います。

オリーブオイルやアーモンドオイル

料理に使われるオリーブオイルや手作り化粧品の基材としてよく使われるアーモンドオイルなどもヘアオイルとして使うことが可能です。
自分なりに良さそうなオイルをブレンドしたり精油を加えたりそのまま使ったり、シンプルな分そのまま使えるのもメリットだと思います。
髪にもそこまで悪くはないのかな?という印象でしたが、ただ椿油や他のトリートメントオイルと比べるとどうも持続力が弱いように感じられたり、髪がついたところが肌荒れしたり、使いこなすのが難しいなという印象でした。

そんな中で気に入ったのが、パックスナチュロンのひまわりオイル

今気に入って使っているのが、パックスナチュロンのひまわりオイル

そんな中、「これは良いかも!」と思えたオイルがこのひまわりオイルでした。
パックスナチュロン オイル(ひまわりオイル100%) 60ml

  • 値段が安いしいつでもアマゾンなどで購入が可能
  • オイルに少し重みがあって、仕上がりもしっとり感がとても高い
  • 成分はひまわりオイルのみ。臭いもなくシンプルなので安心感は高い
  • 酸化安定性も良い油らしく、劣化の心配も少ない
  • 髪をまとめる力や髪を抑える力はこれまで使った中で1番満足できた
  • 使用後、ワックスなど使いたければ使うことも可能

とてもメリットが多く、使いやすいヘアオイルだと思います。

ただ、重みがあるので、使いすぎには注意が必要です。
髪がべっとりしたり肌に影響が出ることもあるかもしれません。
なので、だいたい2〜3滴をしっかりなじませるのが良い使い方だと思います。

個人的に嬉しかったのは、しっかりボリュームを抑えてくれるおかげでワックスなど使う必要がなくなったことです。

髪のブロー時に2〜3滴→翌朝アイロンでセット後に2〜3滴という使い方でボリュームが全然出なくなったので、ワックスなどで髪を抑える必要はなくなりました。
その分、髪に余計な負担をかけなくて済むようになったので、髪にも良さそう。

※ヘアオイルの上手な使い方についてはこちらにもまとめています。
髪のパサつき改善法その4:椿油を工夫して使う

より自然で髪にやさしいケアを目指すなら、これは確かに良いオイルだと思います。
このまま他に何も出てこない限り、しばらく使い続けていけそうな気がしています。

パックスナチュロン オイル(ひまわりオイル100%) 60ml

パックスナチュロン オイル(ひまわりオイル100%) 60ml
太陽油脂 太陽油脂

こんな記事も書いています

ひまわりオイルについての記事

まだ記事はありません

似ている?記事