ヒートテックが痒かったけど、ホットコットなら大丈夫でした

秋〜冬にかけての必需品になりつつある、機能性インナー。
いろいろな量販店で様々な種類のものを目にするようになりました。

特に下半身などは冷えっぱなしだと思うので、わたしももう何年間か愛用し続けています。

でも、こういう機能性インナーってどうも、肌に密着する分、ちょっと刺激になりやすかったりするような気がします。
わたしは今年、ヒートテックがどうにも痒くてチクチクして。
どうしようか悩んでいたところ、ホットコットは大丈夫だったので、今年はホットコットで乗り越えつつあるところです。

スポンサーサイト

ヒートテックが痒い!それは、素材と摩擦に原因があるようです

そもそも、ただの服なのに痒くなるインナーってどうなんだ、と思うところもあります。
でも、それはもちろん、誰にでも起こる可能性があるものなのだそうです。

というのも、ヒートテックは、ポリエステルなど100%化学繊維で作られている衣類です。
自分の汗(水分)を吸収して熱を発する→暖かく感じるという仕組みです。
その効果をしっかり感じられるようにできるだけ肌に密着させておくことが何より大切。

そのため、肌に常にヒートテックが触れることになるんですが…。

  • そもそも化学繊維は石油が原料なので、皮膚が負けてしまうことがある
  • 常に肌に密着するため、動くと常に肌がこすられる状態になりやすい
  • しっかり機能していれば良いものの、不十分だと蒸れやすい面もある

というわけで、どうしても肌が刺激を感じたり、痒みを起こしやすい面があるようです。
調べてみると着ているだけで肌荒れが…という方も少なからずいるようです。

ポリエステルが悪いわけじゃないので、減らしてみたら…

でも、寒さは耐えられないものです。
なので、できる限りこういう機能性インナーは辞めたくないなあ、というのが正直なところ。

そのため、今年はホットコットを使ってみることにしたのでした。

ホットコットは優しい肌触り。綿が多めらしいです

  • ホットコットの方が綿の量が多い(綿が45%らしいです)
  • 肌触りもシャカシャカ感があまりない。優しい
  • 多少、伸びやすくて形にゆとりがあるような気がする
  • ただその分、機能的には劣るところもあるかも…?
  • でも汗をかいた時のひんやり感はホットコットは感じにくい

ただヒートテックを着ているよりも若干、ホットコットの方が暖かさは変わる気はしましたが、普段生活している分にはまったくわからない程度のような…。
それに、多少汗をかいた後のひんやりしない感はホットコットの方が良いと思うので、総合的にみたら暖かさに大きな差はないかな、と思いました。

春先までは、ホットコット中心にお世話になっていきたい

そんなわけでこの冬はホットコットばかり着てきました。

ホットコットはたぶん、肌にも優しい工夫があれこれされていそう。丈夫だし。

1シーズン通してみても、確かに肌への優しさはホットコットの方が良さそう。
価格的にもデザイン的にも選びやすいし、丈夫さでもホットコットの方が良さそうです。
(ヒートテックってすぐ穴があく…)

来年以降もまた、ホットコットを中心に買い足していきたいなあ、と思っています。

そういえばCMでは麻生久美子さんがホットコット1枚でゴロゴロしていましたけど…。
さすがにそれはあり得ないと思いつつ、あくまでインナーとして、またお世話になっていくつもりです。

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事