お水vsお湯 肌に負担が少ないのはどっち!?

家事をしている時(特にお皿を洗っている時)って、水かお湯か、いつも一瞬悩みます。
お湯の方がガス代かかるし…、とか、お湯の方が肌に悪そうだしな…とか。

お皿を洗って流すだけでどうして手が荒れるんだ!とそもそもな疑問も確かにあるのですが。
洗剤を気にして、その状態はかなり回避できるようになったと感じてはいるものの、まだ完全に安心、というわけではない。

そんなわけでまずは、家事をする時、水とお湯どっち良いのかを考えてみました。

スポンサーサイト

冬場はハンドクリームを使わないと手先が荒れるのは何か変…?

特に冬場は手先がどうしてもガッサガサになってしまうので、どうしてもハンドクリームのお世話になる機会も増えます。
でも、それってなんか変だな…、と思うのです。

自分が使っているものによる手荒れなのに、その原因を考え直す前に何かをプラスして解決しようとするのってどうなんだろう?
根本的に何も解決していないのに、何かをわざわざ増やすって、どこか不自然じゃない?
なんて思えてしまいまして。(真面目すぎるかもしれない…)

なので、個人的には冬場でももう無理!と思うまでは絶対にハンドクリームは使わないぞ!
なんて、毎年決意してあれこれ考えつつ試してみています。

主に見直したのは、洗剤と洗い物をする順番と…くらいのものですが、おかげさまでハンドクリームを使うほど手荒れすることはなくなってきたと思います。

でも、それでもやっぱり、洗い物を終えるとちょっと、手がガッサガサになるんですよね。
ここまでくると原因は、もしかして水…?と思い、実際にどういうことが起こっているのかを調べてみることにしたのでした。

ズバリ、肌への負担の大きさは、温度によって決まります。

イメージ的にはもしかしたら、お湯を使う方が肌へはダメージになるもの、と思われている方も多いかもしれません。
でも、実際は水の方が良い!というわけではなくて、「ぬるま湯」くらいの温度を意識するのが大切なんだそうです。

手に水はどうしても荒れるもの。

水やお湯にさらされている間、皮膚を保護してくれている皮脂膜はどんどん流れていってしまいます。
そして、肌についたお湯は、肌の中にある水分をつれて蒸発していきます。
これはもちろん、水(お湯)の温度が高いほどスピードは増していくんだそうです。

でも一方で、冬場、水を手にずっとあてていると、だんだんピリピリして赤くなったり、痛くなったり感じることがあります。
水は油を溶かしてはくれないので、洗い物をする時間(すすいでいる時間)が長くなります。
結果、自分が冷たいと思う温度でお皿を洗っていても、結果的にお湯と同じくらいのダメージにさらされることに繋がっていくのだそうです。

なので、極端なことを言うと、水でもお湯でもどちらでも、肌へは負担になるものです。

ではどうしたら良いかというと…。
それなりに油を洗い流しやすくでも手先に刺激を与えない程度の温度で、手早くさっと終わらせてしまうことです。

  • 温度で言うとたぶん30度くらい。
  • 体感的にはぬるいと冷たいの間くらい〜人肌くらいまで。
  • 洗剤はできるだけ少なく、しっかり泡立てて(もしくはつけ置き洗いで)
  • 時間がかかればかかるほど荒れるものと自覚して効率的に。
  • 終わったら、まずは手についた水分をしっかり拭き取ることから

これが冬場でも手を荒らしにくい、1番良い、お皿洗いなど家事での水の使い方です。

ゴム手袋を使う方法もかなり推奨されているようですが…。
個人的にとても苦手なので、今年の冬はこの「お湯の温度」を意識しながら、わたしもやってみようと思います。

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事