敏感肌の化粧水を選ぶポイント

肌が敏感になると、低刺激!オーガニック!!というスキンケアアイテムを選ぼうとしてしまいがち。
でも、いくら肌が敏感でも自分にあってさえいればそこまでびっちり厳しく基準を設けなくても良いな、と思うようになりました。
私なりに考えている、化粧水の選び方や使い方、ちょっとまとめてみます。

スポンサーサイト

化粧水を選ぶには、まず、自分が何に弱いのかを知ること

化粧水は95%くらいが水でできています。
肌が敏感な人が化粧水に反応するのは、残りの5%くらいに含まれる美容成分や化学物質です。

例えば水が腐るのを防ぐためにパラペン、アルコールが。
使用感をよくするために界面活性剤や着色料や香料が入っていたりする
わけですが。

これらの成分全部が、敏感肌の人に全部反応してしまうというわけではありません
そして、こういう成分は「化粧水を腐らせないために必要なもの」であるのに間違いもありません。

もちろん、水を腐らせないためにパラペンやアルコール以外でも予防できる成分はあるものの、
価格が高くなってしまったり、効果が少し弱かったりするなどのデメリットも多いですし、
こういう成分は適度な価格で化粧水を作るのにちょうど良い成分だと思います。
(パラペンなどが入っていなくても、同じくらい刺激の強い成分を代わりに入れている、なんてこともよくありますし…)

なので、極端にこれらの成分すべてを避ける必要はないと思うのです。

敏感肌の人が必要なのは、こういう化学物質に限らず、自分が何に弱いかをよく知ることです。
(使ってみて何に反応したのか、消去法で探していきましょう)
わたしの場合は、パラペンや香料などには大丈夫なのに、アルコールは少しでも真っ赤になってしまいます。

そして、化粧水を選ぶ時の大前提として、
自分が反応してしまう成分が入っていないかをしっかり確認する
ようにしましょう。

それから、化粧水の価格と機能を見極める。

それから大切なのは、化粧水の価格だと思います。
ストレスやホルモンバランスなどでもすぐに肌が荒れてしまいがちな敏感肌の場合、
惜しみなく化粧水が使えないのはけっこう辛いです。

そのため、バシャバシャ使っても惜しくない価格の購入しやすい化粧水の方が良いでしょう。

その際はできるだけシンプルな大容量の化粧水だと尚良いです。
個人的には、無印良品の敏感肌用スキンケアラインや、はとむぎ化粧水などの大型ボトルの化粧水
が使いやすかったなぁと思います。

参考:
敏感肌シリーズ | 無印良品ネットストア
どくだみ化粧水(amazon)

美白やアンチエイジングなどの機能派化粧水、敏感肌の人が使うには…

敏感肌だとつい避けてしまうのが、機能派化粧水。
1本5,000円を超えてかなり効果も期待できる!なんてものなどもありますが、
肌に合うか心配でなかなか使えない…と躊躇してしまうがちですよね。

そんな機能派化粧水でも、毎日使わなければ敏感肌でも肌に負担をかけずに使える!と思います。

たとえば時間のある夜だけ使ったり、週末だけ使ったり。
高いものだと即効性があるものが多いので、十分に効果を実感できると思います。
スペシャルケアとして使えば、価格もそこまで痛手にならなくなってくるし、
肌への負担も最小限に抑えられることも多いです。
機能派化粧水はその美容成分自体が肌への負担になることもありますが…。

敏感肌でも諦めてしまうのはもったいない!と自分で使うようになって思うようになりました。

いろいろ試してみながら、自分なりのベストな使い方、見つけていけたら良いですね。

photo:Aesop shop & products / Stephane <3

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事