刺激の強い制汗剤が使えないなら、耳の後ろをこまめに拭くこと

うちの夫はただいま30歳。
まだ大問題というほどではないですが、少々加齢臭が気になるお年頃になってきました。

今年の夏は特に忙しかったのもあって、夫もかなり気にしていたようですが…。
特に男性向けの制汗系アイテムはどうも、刺激が強めに作られているものが多いようで、ピリピリ刺激を感じないで済むアイテムを探すのに1番苦労していたような印象でした。
(とは言え、男性なのでそこまであれこれ買いあさっていたわけではありませんでしたが…)

スポンサーサイト

加齢臭が気になった時はとりあえず、耳の後ろを拭けば良い!

加齢臭を防ぐとても大切なコツは、「加齢臭を防ぎたければ、耳の後ろを拭くこと!」です。

加齢臭は耳の後ろだけでほぼ大丈夫みたい。
photo by Red Eared Terrapin; Malta Falconry Centre / foxypar4

香水はちょっと、いかにも…だし、ファブリーズをふりかけても大きな変化がない。
洗濯に気を使っても別に変わらないし、ローズサプリを飲んでも変化なし。
とりあえず、ウェットタイプの制汗シートで全身を拭いていても、刺激に負けて徐々に肌が荒れてくるし…。

というところで知った、この対策方法。
これが効果テキメン!だったと思います。

そもそも、加齢臭を発する菌は、耳の後ろにいるものらしい…。

そもそも、あの嫌な臭いを発する菌は主に、耳の後ろのちょっと脂っぽいところに潜んでいるものなんだそうです。
その原因となる菌を拭き取れば、嫌な臭いがしない、という単純な対策ですが…。

この方法なら、

  • 耳の後ろ〜首だけなので、多少刺激の強いシートを使っても影響が少ない
  • パパッと拭くだけなので、場所や時間を選ばない
  • 無臭なので、周囲に迷惑をかけにくい(ちゃんと拭き取れれば)

と、メリットも多いので、妻としても気に入っています。
(夫のキャラ的にも香水が似合わないのもあって…)

制汗シートでも刺激が気になる場合、赤ちゃん用のお尻拭きなんかを使うと良いと思います。
ウェットシートでも、アルコールが多量に含まれていて、赤くなったりするので。
単純に汚れを拭き取るのが目的なので、それくらいでも間に合いそう…と想像しています。

根本的に解決するには、食生活・睡眠・運動・ストレスレスが大切。

とはいえ、加齢臭を根本的に解決しようと思ったら、

  • 規則正しくて、過不足のない睡眠
  • 魚と野菜中心の食事(動物性タンパク質を少し減らすだけでも変わるかも)
  • ストレスをためすぎない生活(上手に解消していくのも◎)
  • 適度に運動して、汗を流すこと(老廃物を出しておく)

この4つは基本的にとても大切だと思います。

人間の老化で加齢臭の元になる菌も繁殖しやすくなるので多少の臭いは避けられません。
でも、この菌に反応する(汗ではない)脂は、生活習慣やストレスなどで質が変わってくるものなのだそうです。
なので、この脂をできるだけサラサラの状態に保てるような対策を取っていくと、かなり状態は変わっていくのだとか。

仕事が忙しい…!ストレスが多い…!というお父さんが多いものですが…。
こういう生活はもちろん、健康にもつながっていく習慣だと思うので、できるだけ実現できるようにサポートしなくちゃいけないな、と思います。

ある意味、体調のちょっとしたバロメーターにも使えるんじゃないかな…。
夫を見ながら、そんな風に思ったりもしています。

スポンサーサイト