敏感肌になる原因その1「体質/遺伝」

敏感肌になる原因は様々です。
でも、それを大きく分類していくと2つの分類ができるようになるなぁ、と個人的に思っていることがあります。

それは、「どうしようもないこと」と「どうにかできるかもしれないこと」です。

自分では「どうしようもないこと」の原因はやはり、体質や遺伝のことになるでしょう。
でも、「敏感肌」は別に遺伝されてしまうものではなく、体質的な問題ではありません
遺伝されてしまうのは別のことで、それが元で肌が敏感になりやすくなるだけなのです。

スポンサーサイト

遺伝してしまうのは、アトピーになりやすい体質、アレルギーを起こしやすい体質

敏感な肌の持ち主が親の子どもはやっぱり肌が弱いのかというとそんなことはありません。
遺伝してしまうのは、アトピーやアレルギーなどになりやすい体質です。

  • アトピー体質:体の中で何かあった時に、肌に症状があらわれやすい
  • アレルギー体質:何らかの物質に反応しやすい(アレルギーを起こす抗体が多い)

こういう肌が敏感になりやすい要因が遺伝して体質的にアレルギーやアトピーになりやすくなると肌が敏感になりやすくなるので、ついつい「敏感肌は遺伝するもの!」 と言われるようになるのでしょう。

でも、「だから肌が敏感になりやすい」と言い切ってしまうのはもったいないと思うのです。

アレルギーは遺伝しても、敏感肌は遺伝するものではない

でも、遺伝や体質が影響する割合は2割程度だとも

確かに、アレルギー体質なんかだと、少しずつ研究が進んできていて、アレルギーを持つ親の子どもは、そうでない子どもの3倍、アレルギーになりやすい、などと具体的にわかってきてもいます。

でも、そういった遺伝的体質的な「どうしようもない」ことの影響度は、そこまで大きなものではありません。

  • ストレスや生活習慣、食生活によるものが4割くらい
  • スキンケアや化粧品などによるものが3割程度
  • 遺伝や体質的なことによるものが2割程度
  • 紫外線や乾燥など、自分がいる場所の環境によるものが1割程度

こんな考え方をしているお医者さんもいるほどです。

確かに少しは「どうしようもない」と思わなくてはいけない部分もあるかもしれませんが、
それはそれとして上手に付き合うことができれば、肌は変わっていくものだとも思います。

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事