大島椿のヘアクリームはゴワゴワまとめにくいクリームかも…

敏感肌だけでなく、髪のパサつきもいろいろと対策をしています。
いろいろ試していく中で自己流の方法も見つけられてきて、かなり髪質も変わってきたなあと感じられているのですが。

※髪のパサつきや広がりを改善していく方法についてはこちらのサイトにまとめてみています。
髪のパサつき+広がりをなんとかする方法【髪質改善】まとめ

他にも何か良い方法はないかなあ、とまだ気になるものを調べたり試したりしています。
その中でこの前、はじめて大島椿のヘアクリームというものを使ってみたのですが…。

これはどうにも、ゴワゴワしてしまう使い方が難しいクリームのような気がしました。

大島椿のヘアクリームは、椿油入りの保湿クリーム

大島椿のヘアクリーム。椿油だし良さそう!と思ったけれど…

大島椿のヘアクリームは、椿油やツバキセラミドなどの成分配合の髪の保湿クリームです。

しっとりタイプとさらさらタイプという2つのタイプが販売されています。
(わたしが試してみたのは、しっとりタイプでした)

使い方としては、クリームをしっかり伸ばしたあと毛先を中心になじませるというもの。
濡れた髪にも使えるので、トリートメント的な使い方ができるのも特徴かと思います。

スポンサーサイト

でも、残念なことが1つ。
成分的にどちらのタイプにもシリコンが配合されているようです。
髪に良いとも悪いともいろいろな考え方があるものなので、一概にダメ!とは言えませんが。
成分的にやさしいものばかりかと言うとそうではないクリームだと思います。
(大島椿なので大丈夫かな?と思っていましたが、個人的にもちょっと失敗しました…)

使い心地がどうにもゴワゴワ。
髪のスタイリングに使うのには向いていない気がします

大島椿のヘアクリーム(しっとりタイプ)は使い心地も微妙…

ちなみに、使ってみた印象もなんとも言えず。
よく伸びるクリームなので、しっかり手のひらに伸ばして髪になじませるようにしていましたが、どうにもゴワつくのが気になりました。
なじませようと頑張ってみるのですが、べとつきがずっと残るというか。
髪になじんだ感じがずっと感じられずでなんだか気持ち悪いなあ…と感じていたのです。

でもこれはたぶん、乾いた髪に使っていたからだと思います。
試しに、半乾きの髪に使ってみたところ、なじみにくい印象が少し軽減。
そのあと乾かすとちゃんとなじんだというかしっとりしたような印象に変わりました。

なのでこのクリームは上手に使いこなすには、トリートメント替わりに使うこと
これが1番のポイントなのかな?と感じました。

ただ、髪をしっとりまとめたい!目的ではこのクリームでなくても…

ダメージを防ぐのに良いとは書いてあるけれど…

ただ、成分的にもどうも納得いかない部分もあるし使い方にもコツが必要なクリーム。
そんな印象がこの大島椿のヘアクリームだと思います。
なので、これを再び使おうとはなかなか思えず…。

どうせ使うのなら、やっぱりシンプルなオイルを使った方が良いなあと感じています。

というのもオイルなら

  • シンプルな構成なことが多いので、安心感がある
  • 髪が濡れていても乾いていてもどちらでも使える
  • 重ねて塗ってもモッタリすることもない
  • 1回に数滴で済むので、コストパフォーマンスも高いことが多い
  • 髪の保護にオイルを使った後、ワックスなど重ねて使うことも可能

シンプルな構成のものを選べば選ぶほど、メリットが多いように感じられるからです。

もちろん、クリームにはクリームのメリットがあるのだと思いますが…。
「これなら良い!」と思えるオイルを見つけるのはなかなか難しいのかなあと感じています。

スポンサーサイト

こんな記事も書いています

似ている?記事