ズボラーのためのスキンケアは「ちょっと攻められる」オールインワンだと思う

わたしはズボラーです。
兼業主婦ですが、できるだけ何もせずにいたいと願っています。
(でもそう言っていたら家族みんなが困るので、なんとか頑張ろうと思っています…)

そんなわたしなので、スキンケアは正直、とても面倒です。

いろいろこだわって、週に1回のパックとかスキンケアのライン使いとかピーリングとかあれこれ試してきましたが、まあ続かない続かない。
2人目の出産後はさらに、自分のことは後回し!にしてしまうようになりました。

とは言え、年齢も重ねていて、肌の悩みも尽きない。
面倒だけどちゃんとしなくちゃなあ…、と最低限のラインを守るために、今もメディプラスゲルを使っていると言っても過言ではありません。

スキンケアに必要なのは、肌を守って底上げサポート

そもそも、スキンケアは肌を守るサポーターです。
肌を劇的にすごく良くしてくれる!のは難しいですが、

  • 肌を健やかに保つために表面を守ったり
  • 肌の表面がごわついて硬くならないように働きかけたり
  • ちょっとでも肌を良くするために成分を補給したり

肌を守って、健やかに保つためには欠かせないものです。

ズボラは1歩攻めたスキンケアが大切!

じゃあ肌にやさしいケアさえしていれば大丈夫か?というとそうではありません。
重要なポイントは、保湿・紫外線対策・成分補給です。

さらにズボラの場合、どうしても手を抜きたくなるので、さらに1歩攻めておく
その姿勢もすごく大切だと思います。

肌にやさしいだけのケアで激しく後悔した経験があり・・・

確かにスキンケアは面倒だし適当に済ましてしまいたいのですが、スキンケアはやらないと肌が落ち込んでいくものです。

  • 肌の表面の水分と皮脂のバランスが崩れて砂漠のような肌になったり
  • 肌が硬くなってごわついたり
  • 刺激に無防備になって敏感肌が悪化したり
  • シミやシワ、たるみがどんどん進行してしまったり
  • 肌のバリア機能が低下して、思わぬアレルギー反応が起こってしまったり

今は大丈夫でも、どんなに肌がきれいでも、自分でも意識しないうちに10年後に自分自身が後悔する状況へ追い込んでしまうのは事実です。

わたしは数年前、面倒だしなと化粧水+オイルだけのスキンケアをしたり、何もケアしなかったり、適当なスキンケアアイテムばかりを使っていた時期がありました。
その時期の顔の老けっぷりはもう、それはそれはすごかったです。
いつも肌が荒れているし、なぜか赤らんでいるし。
なぜ「まあいいや」と思えていたのかわからないくらい。

それでも、当時はこれは肌にやさしいから、と甘く考えていたのです。
スキンケアなんて結局どれも同じなんだし、最低限でも問題ないだろう、と。

気がついたらこめかみに大きなシミができていて、これはいかん、と気がつきました。

スポンサーサイト

ズボラはさらに「1歩攻めるスキンケア」が大切。期待できる美容成分

ズボラの場合、敏感肌でもそうでなくても、ただやさしいスキンケアをすれば良いわけではないと思います。
10年後に後悔しないために、ちゃんと保湿して、保護して、ポテンシャルを引き出すのはけっこう手間がかかるからです。

最低限のケアでもちゃんと効果を発揮させるため、「一歩攻める」。
攻められる成分が入ったスキンケアを選ぶのも欠かせません。

セラミド

水分をがっちりつかんで離さずに肌にとどまる成分。
保湿やハリ、たるみなどの対策に良いともされています。
肌の表面を保護するバリア機能になる力もあるため、敏感肌やズボラーには欠かせない成分だと思います。

ヒアルロン酸

これも肌の表面にとどまって、水分を抱え込む成分。
保湿だけでなく、乾燥由来のシワ対策としても良いと言われています。
ただ、成分が大きいらしく、浸透力が悪いものが多い(ベトつきやすい)のが難点。
できれば、ナノ化など吸収力を高める工夫がされているかを事前に確かめた方が良いです。

ビタミンC誘導体

肌の代謝を促進したり、肌に栄養を与えたり、コラーゲンの生成を促すなど、他ではなかなかできない働きが期待できる成分です。
肌にとどまる成分ではない上、1度にたくさん使うと肌を乾燥させてしまう面もあるため、できるだけ少しずつ継続して補給していくのがポイントです。

※成分表にはビタミンC誘導体とは書かれていません。
リン酸アスコルビン酸ナトリウム、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなどいろいろな名前になっているので、見つけにくい成分ではあります。

プラセンタ

美白(シミやソバカスを防ぐこと)を目的とするなら欠かせない成分。
保湿力もあり、美白効果が期待できるものの中では低刺激で使いやすいのも特長です。
肌のバリア機能を高める、肌の代謝を促すなど、幅広い効果が期待できるので、原液だけでできた美容液もあるほどの便利な成分です。

以上です。

正直なところ、成分表はいろいろ書いていて取っつきにくい印象はあります。
それでもちゃんと見れば手抜きができる!と気合を入れて、購入前にちょっと成分表を見てみることが、ズボラーにはとても大切だと思うのです。

わたしはプラセンタ+セラミド+ビタミンCなメディプラスゲルに落ち着いています

わたし自身、とてもズボラーなので、スキンケアは本当に迷走していました。
シミで懲りてからは、手は抜きたいけれど満足したい!一心で、しっかり探した結果、メディプラスゲルというゲルに落ち着きました。

メディプラスゲル歴丸3年の本音(効果なし?⇨変わった!まで)

ずぼらにはうってつけなオールインワンゲル

  • セラミド3種類、プラセンタ、ビタミンC誘導体など必要な成分はきっちり
  • その他、コラーゲンやアミノ酸など美容成分が60種類以上入っている
  • 洗顔後、2プッシュを顔に押して塗るだけだし敏感肌向けだし便利
  • 1ヶ月使って2,000円以下で続けられる(2ヶ月分で3,996円)

肌に刺激も栄養も与えすぎず、バランスの良い保湿と保護を目指したゲルです。
本当にオールインワンでこれだけでスキンケアしているだけですが、毛穴やほうれい線、肌荒れやくすみなど自分なりに気になっていたことが、あまり気にならなくなったと感じています。

レビューを調べてみると、モロモロが出るとかべとつくとか言われていることもありますが、今月(2016年の5月)リニューアルされてそういう気になるところが一切気にならなくなりました。
以前より、肌なじみが良く、スルスルっと使えるようになったと思います。
なじみも早いので、朝すぐ化粧をすることも可能です。

使うまではなんとなく抵抗を感じがちなオールインワンゲルですが…。
使ってみたらそのラクさが本当に助かります。

こんな記事も書いています

メディプラスゲルについての記事

似ている?記事